logo

「Windows 10」、プレビュー版「Build 15002」がリリース

Mary Jo Foley (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部2017年01月10日 18時30分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Microsoftが公開する最新の「Windows 10」テストビルドはこのところ、前のビルドからの増分の機能修正とアップデートにとどまっていた。だが「Fast」リングのユーザー向けに公開された「Windows 10 Insider Preview Build 15002 for PC」では、システムのあらゆる面で新しい機能が盛り込まれている。

 この1週間でのリーク情報でもうわさされていたように、新しいビルドでは最大35日間アップデートを停止できる機能が登場した。有効にするには、「Windows Update」の設定で「Advanced Options(詳細オプション)」から設定する。この機能は、「Professional」「Education」「Enterprise」のエディションで導入される。

 また、Windowsアップデート時にドライバのアップデートを含めるかどうかを設定できるオプションが加わった。これも、Professional、Education、Enterpriseエディションで利用できるようになる。

 「Windows Information Protection(WIP)」の改善も図られており、取り外し可能なドライブへの仕事用のファイルの保存に関する機能が加わった。また、許可されていないアプリケーションを開こうとすると、ユーザーに警告を表示する機能も加わった。

 ごく一部のInsiderデバイスでは、「Windows 10 Creators Update」の機能をテストできるようになっており、Windowsのバッテリ持続時間の改善につながる。テスト対象であれば、タスクマネージャーで1つ以上のアプリケーションの状態が「Throttled」と表示されるかもしれない。

 「Windows Defender」アプリ内で利用できる「Refresh Windows」機能も加わった。PCの速度が遅くなったり、クラッシュしたり、Windowsをアップデートできないユーザー向けのオプションとなる。個人ファイルや一部のWindows設定は維持したまま、Windowsを再インストールし、アップデートする。この機能の詳細については、Microsoftのコミュニティ向けフォーラムを参照してほしい。

 また、音声アシスタント「Cortana」を使ってPCの初期セットアップをしたいというユーザーのために、OOBE(Out-Of-Box-Experience)チームがPCのセットアップを容易にできるよう取り組んでいる。最新のテストビルドには実現に向けた最初のステップが含まれている。


提供:Microsoft

 さらに「Settings(設定)」も強化され、ユーザーが適切な選択肢を選択できるようになった。この中にある新しいカテゴリ「Apps」はアプリが関連した設定を行うことができるもので、これまで「System Settings」にあったものだ。デバイスと周辺機器を管理できるデバイス設定も刷新された。ブルーライト設定オプションでは、PCが出すブルーライトを夜間に低減するよう設定できる。

-PR-企画特集