ナデラ氏やクック氏など米IT企業トップがトランプ氏に訴えたこと

Stephen Shankland (CNET News) 翻訳校正: 湯本牧子 吉武稔夫 (ガリレオ)2016年12月19日 10時55分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 先ごろ行われた次期米大統領Donald Trump氏とIT業界の企業幹部らの会合は大部分が非公開だったが、ある報道によると、議論の対象となったのは、育児休暇や、技能を持つ移民の雇用といったビジネスの問題などだったという。

 Trump氏と、同氏の家族やアドバイザー、Apple、Googleの親会社Alphabet、Facebook、Microsoft、Oracle、IBM、Intelの最高幹部が参加したこの会合は注目を集めた。企業幹部らとTrump氏は大統領選挙期間中、たびたび互いを厳しく批判し合ったが、今回の会合は関係修復の機会をもたらすものとなった。

 公開されたごく一部の場面を見る限り、実のある議論はされていなかったが、報道陣の退出後にいくつかの示唆に富む問題が提起されたとRecodeは報じている。記事によると、テクノロジ企業の幹部らは次のような問題を論じたという。

  • Microsoftの最高経営責任者(CEO)を務めるSatya Nadella氏は、移民について、具体的には米国で技能職に外国人を雇用するための「H-1B」ビザについて論じた。
  • AppleのCEOであるTim Cook氏は、STEM(科学・技術・工学・数学)教育プログラムの推進を求めた。
  • Facebookで最高執行責任者(COO)を務めるSheryl Sandberg氏も、女性やマイノリティ向けにSTEMプログラムを推進するよう求めたほか、育児休暇の問題を取り上げた。この問題は、より多くの女性を引き付けて維持するためにシリコンバレーが日頃から訴えている問題の1つだ。
  • Alphabetの会長を務めるEric Schmidt氏は、米政府のコンピューティング技術は古くて安全性に欠けると指摘した。
  • AmazonのCEOであるJeff Bezos氏は、米国の企業が中国で事業を展開するのは難しいと述べた。
  • SpaceXとTesla MotorsのCEOを務めるElon Musk氏は、地球の気候変動の問題を取り上げた。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加