画像

[ウェブサービスレビュー]さまざまな形式の画像ファイルをJPGに変換、圧縮もできる「Jpeg.io」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Nekkra UG
内容:「Jpeg.io」は、さまざまな形式の画像ファイルをJPG形式に変換してくれるサービスだ。オンラインでは表示できないBMPやPSDなどの変換にも対応するため、それらファイルの内容確認の用途でも使えるほか、ファイルサイズを小さくする用途でも重宝する。

 「Jpeg.io」は、さまざまな形式の画像ファイルをJPG形式に変換してくれるサービスだ。オンラインでは表示できないBMPやPSDなどの変換にも対応するため、それらファイルの内容確認の用途でも使えるほか、ファイルサイズを小さくする用途でも重宝する。


「Jpeg.io」トップページ。画像最適化サービスとして有名な「Kraken.io」をベースとしたサービス。インターフェースは英語だが特に迷うことはないだろう

使い方は簡単で、トップページ中央のエリアをクリックして画像ファイルを選択するか、あるいはドラッグ&ドロップにより画像ファイルをアップロードするだけ。自動的に変換が行われ、ダウンロードが可能になる。ファイルはひとつずつダウンロードできるほか、複数のファイルをZIP圧縮で一括ダウンロードすることも可能だ。


中央の「Click to upload or drag-and-drop your files here」と書かれた部分をクリックして画像ファイルを選択するか、ドラッグ&ドロップして画像ファイルをアップロードすることで、自動的に変換が行われてダウンロードが可能になる

 対応するファイル形式はJPG、PNG、GIF、SVG、WEBPなどブラウザで表示可能な形式に加えて、BMP、EPS、PSD、TIFFもサポートしている。後者については、手元にこれらの形式を表示できるビューアがない場合の内容確認の用途にも重宝する。


JPGファイルを指定した場合は圧縮のみが行われるので、ファイルサイズを小さくする目的でも利用できる。なお複数の画像がある場合はZIPファイルでまとめてダウンロードできる

 また、JPGをアップロードした場合、ファイル形式はJPGのままで圧縮のみが行われるため、ファイルサイズを小さくしたいというニーズにも向く。プレビュー機能こそ用意されていないものの、入力サイズと出力サイズはともに表示されるので、ファイルサイズがどの程度小さくなったかは、ダウンロードする前に把握できる。

 圧縮率を調整したり、回転やトリミングなどの編集を行う機能はないが、スピーディさを重視した設計で、使い勝手は良好だ。Dropbox、Googleドライブ、Boxからの読み込みもサポートしているので、それらクラウドストレージの容量がいっぱいになった際、画像を圧縮して空きスペースを作る用途にも使える。シンプルながら幅広い用途で役立つサービスと言えそうだ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加