Evernoteがプライバシーポリシーを変更へ--一部の社員がコンテンツを閲覧可能に

Zack Whittaker (ZDNet.com) 翻訳校正: 佐藤卓 長谷睦 (ガリレオ)2016年12月15日 10時55分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Evernoteが今週、プライバシーポリシーを更新する予定であることをひっそりと発表した。サービスを向上するためという名目で、Evernoteの社員の一部がユーザーのコンテンツにアクセスし、内容を確認することを可能にするものだ。

 同社は「プライバシーポリシーの更新に関するお知らせ」の中で、ノートを含むユーザーのデータをどのように扱うかを説明した。また、今回の更新は「弊社の機械学習テクノロジーが正しく機能していることを確認することが目的」だとしている。

 Evernoteの「機械学習テクノロジー」には、自然言語による検索など、人工知能(AI)的な機能が搭載されているようだ。

 今回のプライバシーポリシーでは、ユーザーのデータにアクセスできる一部のEvernote社員に対し、「身元調査を行ったうえで、最低でも年に一度(中略)セキュリティ・プライバシー研修を実施」するという条項が追加されている。

 ユーザーは今回の更新をオプトアウトすることができるが、その場合でも、他の条件に適合するケースでは、Evernoteが自分のデータにアクセスすることを拒否できない。こうした条件としては、再販業者との情報共有、販売や配信に関する要望の遂行、さらには法執行機関から要請を受けた場合などが挙げられる。

 したがって、Evernoteのユーザーは、2017年1月23日から適用予定の新たなプライバシーポリシーを受け入れるか、データをエクスポートしてEvernoteの利用を完全にやめてしまうか、どちらかを選択しなければならない。

 ジャーナリストで作家のFabio Chiusi氏は、ツイートで、この新しいサービス利用条件を批判した。このツイートの中で同氏は、ユーザーはこのプライバシー条項をオプトアウトして以前より機能が劣るサービスを利用するか、この条項を受け入れてEvernote社員が自分のノートが読むことを許可するかを選ぶしかないと主張している。

 Forbesはこれについて、一時は「史上最悪のプライバシーポリシー」になる可能性があるとまで述べていた一方で、一部のEvernote社員は「これまでも常にユーザーのコンテンツにアクセスが可能だったが、どういうわけか誰にも気づかれなかった」と記している。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加