フジテレビ、「Pokemon GO」のドキュメンタリー番組を制作--開発現場の舞台裏を初公開

佐藤和也 (編集部)2016年12月11日 09時00分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 フジテレビは、スマートフォン向け位置情報ゲーム「Pokemon GO」をテーマとしたドキュメンタリー番組「ポケモンGOが変えた世界」を制作。12月19日の深夜24時45分から1時間放送すると発表した。

 番組は同タイトルが世界で引き起こした熱狂する様子を記録したもの。病のために自宅で引きこもりがちだった米国ノースキャロライナ州の少年が、携帯端末技術をきっかけとして家族との絆を深め再生してゆく姿や、東日本大震災の被災地で、ゲームを通じて復興に取り組む様子に密着し、人間と最新テクノロジーの新たな関わり方をまとめている。

 また、米国サンフランシスコにあるゲーム開発の最前線に、世界で初めてテレビカメラが入り、ゲーム開発の舞台裏も収録している。

 番組は日本のみならず、世界各国での放送も計画されており、日本語版と同時進行で英語版も制作。すでに欧州を中心に世界60カ国での放送が決定しているという。番組には開発元であるナイアンティックCEOのジョン・ハンケ氏らが出演する。

  • ナイアンティックCEOのジョン・ハンケ氏

  • 7月5日、「Pokemon GO」が世界で初めてローンチする、スタートボタンを押すスタッフの様子

  • コミュニケーション障害で引きこもっていた少年(向かって左側)が、「Pokemon GO」をプレイする事で外出して友達を作るようになったという

  • このエントリーをはてなブックマークに追加