DMM.com、新社長にピクシブ片桐孝憲氏が内定--ピクシブ社長は退任へ

藤井涼 (編集部)2016年12月06日 17時41分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 DMM.comとDMM.comラボは12月6日、ピクシブの片桐孝憲氏が、両社の代表取締役社長に内定したと発表した。片桐氏は2016年12月末をもって、ピクシブの代表取締役社長を退任する。

ピクシブ代表取締役社長の片桐孝憲氏
ピクシブ代表取締役社長の片桐孝憲氏(同社のウェブサイトより)

 DMM.comでは、片桐氏を新社長として招聘することについて、「これまでpixivにてテクノロジやクリエイティブを推進し、ユーザーと一体化した文化構築に特化してきた片桐氏の知見と経験を、DMM.comの多様なサービスと2400万人を超える会員に対して反映していただくことを期待しております」とコメントしている。

 ピクシブは、2007年からイラスト投稿・交流サイト「pixiv」を運営しており、月間利用者数は4000万人にのぼる。2017年1月1日より、新社長には同社執行役員の伊藤浩樹氏が、会長には取締役副社長の永田寛哲氏が就任する予定。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加