logo
Kickstarter

720p1500fps、最高2万1500fpsのハイスピードカメラ「Chronos 1.4」--2499ドルで格安

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ミルククラウンの動きやガラスが割れるようすを映像に記録するには、ハイスピードカメラを使う。それも、超高速度で撮影可能な本格的な機種が必要だが、そこまでの性能を備えるカメラはおいそれと手を出せる値段でない。

 ところが、2499ドルと比較的安価でありながら、720pだと約1500fps、最高で約2万1500fpsの高速度撮影ができるハイスピードカメラ「hronos 1.4」を見つけた。現在クラウドファンディングサービス「Kickstarter」で支援募集中。


最高2万1500fpsで撮影可能な本格ハイスピードカメラ(出典:Kickstarter)

 Chronos 1.4は、大振りなコンパクトカメラのような手のひらサイズで、手軽に使えるハイスピードカメラ。コンピュータなどを接続することなくスタンドアロンで機能するため、鞄から出してすぐにハイスピード撮影をするといった使い方が可能だ。撮影した映像は、背面のディスプレイで確認できる。


撮影した映像はその場ですぐ確認(出典:Kickstarter)

 撮影解像度が最大の1280×1024ピクセルだと、最大撮影速度は1057fps。解像度を640×96ピクセルまで落とすと、2万1649fpsという速度で撮影できる。撮像素子のサイズは8.45×6.76mmで、画素ピッチは6.6マイクロメートル。ISO感度は、カラーの場合は320から5120、白黒の場合は740から1万1840。


撮影解像度と撮影速度の関係(出典:Kickstarter)

1万7000fpsで撮影された映像(出典:Kickstarter)

 映像はSDメモリーカードのほか、USB接続したフラッシュドライブやHDDなどに保存する。映像データのサイズは、撮影時間が約4秒だと約8ギガバイト、約8秒だと約16Gバイト。

 レンズは別売で、ボディにはCSマウントのレンズが装着可能。また、カメラのセンサ自体はCマウントレンズが最適だそうで、セットにはCマウントレンズ用アダプタが付属する。


多彩な出力で汎用性も高い(出典:Kickstarter)

 Kickstarterでの支援受付期間は日本時間12月23日まで。記事執筆時点(日本時間11月25日16時)でキャンペーン期間は28日残っているが、すでに目標金額6万5000カナダドルの3倍近い約18万1000カナダドルの資金を集めている。

-PR-企画特集