logo

東芝、キーワードは「時短」--生活スタイルに合わせて再生時間を変える新「レグザブルーレイ」

加納恵 (編集部)2016年10月20日 18時22分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 東芝映像ソリューションは10月20日、BDレコーダー「レグザブルーレイ」に、録る、見る、残すが”時短”でできる「DBR-T2007/T1007/W1007/W507」を追加した。視聴時間を選べる「らく見」コースなどを設ける。発売は11月中旬。


DBR-T1007

 新モデルは、BDレコーダーで番組を録画しても「見る時間が限られていて、すべて見られない」という声を受け、企画されたもの。通常再生に加え、本編のみを編集した「らく見」、1.3倍速の「らく早見」、らく見を20分割し、15秒ごとにスキップしながら視聴できる「飛ばし見」の4つを備え、視聴できる時間に合わせた再生機能を提案する。


「らく見」「らく早見」「飛ばし見」を選ぶことによって、再生時間が変わる

 さらに、デジオン製の対応アプリ「DiXiM Play」や、SeeQVault対応のmicroSDカードなどと組み合わせることで、宅内外からの視聴をサポート。見る時間や場所にとらわれない自由な視聴スタイルを打ち出す。

 番組の録画予約は、DiXiM Playが「ネットdeナビ」に対応したことで、スマートフォンやタブレットを使い、宅内外から操作することが可能。「おでかけいつでも視聴」を利用すれば、録画時に持ち出し用の番組も同時に生成できるため、SeeQVault対応のSDカードへ自動転送ができ、簡単に番組を持ち出せる。


デジオン製の対応アプリ「DiXiM Play」

 人物リストから人物を選んだり、好きなジャンルに優先順位をつけたりすることで、自動録画「おまかせ録画」の精度も向上。ネット接続不要で、好きな人物やジャンルの番組を自動的に録画できる。

 DBR-T2007/T1007は3基、W1007/W507は2基の地上、BS、110度CSのデジタルチューナを搭載。4Kアップコンバート機能も備え、高画質再生を実現するほか、くっきり高精細技術「XDE」を有効にすれば、より高精細な映像を再生できる。

  • DBR-T2007(HDD:2Tバイト、想定税別価格:8万5000円前後)
  • DBR-T1007(HDD:1Tバイト、想定税別価格:7万5000円前後)
  • DBR-W1007(HDD:1Tバイト、想定税別価格:6万5000円前後)
  • DBR-W507(HDD:500Gバイト、想定税別価格:5万5000円前後)
   
デジタル製品

AVの記事一覧はこちら

-PR-企画特集