logo

ドコモ、2016年冬モデル13機種を発表--オリジナルスマホ「MONO」も登場

藤井涼 (編集部)2016年10月19日 11時30分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 NTTドコモは10月19日、2016年冬モデルとなる新製品を発表した。スマートフォン7機種、らくらくシリーズ2機種、ドコモケータイ2機種、キッズケータイ1機種、データ通信端末1機種の全13機種となる。

 冬モデルでは、ドコモ初のオリジナルスマホ「MONO」を開発。また、ハイレゾを始めとする音楽機能を充実させたほか、データ通信端末では国内最速の受信時最大682Mbpsの高速通信を利用可能。通話相手の言葉を文字に変換して表示する「みえる電話」などの新サービスも発表された。

ドコモが2016年冬モデルを発表
ドコモが2016年冬モデルを発表

オリジナルモデルも加わったスマートフォン7機種

 スマートフォンは、ソニーモバイルコミュニケーションズ製「Xperia XZ SO-01J」「Xperia X Compact SO-02J」、富士通コネクテッドテクノロジーズ製「arrows NX F-01J」、LG Electronics製「V20 PRO L-01J」、シャープ製「AQUOS EVER SH-02J」、シャープ製「Disney Mobile on docomo DM-01J」、そしてドコモオリジナルモデルのZTE Corporation製「MONO MO-01J」の7機種。

 Xperia XZは、2300万画素のアウトカメラに、暗い場所でもすばやくオートフォーカスできるセンサや、色の再現性を向上させ見たままを撮影できるセンサを採用。また、1320万画素のインカメラを搭載する。ソニーのデジカメなどに搭載される5軸の手ぶれ補正技術もスマートフォンで初めて搭載した。充電中の電流を調整するQnovoの技術と、日々の利用状況を学習するソニーの独自技術「いたわり充電」を組み合わせることで、2年使っても劣化しにくいバッテリも実現した。11月上旬に発売予定。

「Xperia XZ SO-01J」
「Xperia XZ SO-01J」

 Xperia X Compactは、ラウンドフォルムデザインを採用した4.6インチの手になじむコンパクトモデル。Z5 compactでは2GバイトだったRAMが3Gバイトに増え、アプリも快適に操作できる。また、ハイレゾやおサイフケータイ、ワンセグなどにも対応した。XZと同様に2300万画素のアウトカメラと最先端のカメラセンサ、5軸の手ぶれ補正技術を搭載する。また、X Performanceで好評だった、0.6秒で起動から撮影ができる機能や、先読みAF機能も備える。11月上旬に発売予定。

「Xperia X Compact SO-02J」
「Xperia X Compact SO-02J」

 arrows NXは、MIL規格に準拠し、屋外でのハードな使用にも耐えられるモデル。1.5mの高さで、かつ26方向でコンクリートに落下させても画面が割れないことを確認済みだという。また、独自の新構造「SOLID SHIELD」を採用。曲げへの耐性を高めるために内部の両側壁にステンレスフレームを追加したほか、ステンレスホルダの厚みをアップした。arrowsでおなじみの虹彩認証は精度がさらに向上している。また、ONKYOチームとの共同設計により、ノイズが少なく高音でも耳に優しい音質を実現した。12月上旬に発売予定。

「arrows NX F-01J」
「arrows NX F-01J」

 V20 PROは、デュアルカメラを搭載し、F値1.8の高精細カメラに加えて、135度広角での撮影が可能なモデル。動画内の音声も内蔵の高性能マイクによって綺麗に残せるほか、プリインストールされているアプリで簡単に動画編集もできる。オーディオブランド「Bang and Olfsen」と共同チューニングしているほか、ノイズを抑える技術「Quad-DAC」をスマートフォンとして世界で初めて搭載しており、臨場感のある音楽を楽しめる。2017年2月に発売予定。

「V20 PRO L-01J」
「V20 PRO L-01J」

 AQUOS EVERは、従来モデルに新たに省エネディスプレイのIGZOを搭載したモデル。これまでの防水機能に加えて、防じんにも対応した。フレームとガラスが一体化したラウンドデザインを採用しており、持ちやすく見た目も美しいデザインに仕上がっている。厚さも従来の9.7mmから8.3mmへとスリム化した。Coning Gorilla Glass 4を採用しているため、摩擦や落下などの衝撃によるキズを抑えてくれる。触れるだけでロック解除ができる指紋認証にも対応した。11月上旬に発売予定。

「AQUOS EVER SH-02J」
「AQUOS EVER SH-02J」

 Disney Mobile on docomoは、電話の着信やメール受信によって、フロントのミッキーアイコンが光り輝く。水の世界をイメージしたオリジナルカバーを同梱しており、カバーを閉じたままでも、電話やメール受信をディズニーキャラクターたちが通知してくれる。場所や季節のイベントに応じてデザインが切り替わる「ディズニーサプライズ日付フレーム」機能もカメラに搭載する。2017年2月に発売予定。

「Disney Mobile on docomo DM-01J」
「Disney Mobile on docomo DM-01J」

 ドコモオリジナルモデルのMONOは、シンプルかつ定番の機能を搭載した低価格なスマートフォン。画面に触れてからの反応速度を高めるチューニングと、オクタコアCPUによって快適な操作性を実現。広角1300万画素のアウトカメラと500万画素のインカメラを搭載し、防水・防じん、ハイレゾなどに対応する。また、iPhoneに搭載されているマナーモードスイッチをAndroidスマートフォンとして初めて搭載した。12月上旬に発売予定。

「MONO MO-01J」
「MONO MO-01J」

-PR-企画特集