logo

パイオニア、レトロモダンデザインのヘッドホン「Style」シリーズ

加納恵 (編集部)2016年10月19日 08時00分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 オンキヨー&パイオニアイノベーションズは10月18日、パイオニアブランドからBluetoothヘッドホン「SE-MS7BT」(想定税別価格:1万4000円前後)とヘッドホン「SE-MS5T」(同:7500円前後)を発表した。新「Style」シリーズから発売する。両機種ともに発売は11月下旬。

 SE-MS7BTは、オーディオコーデックaptXとAACに対応した高音質ワイヤレスモデル。ハウジング部に電源オン、オフ、再生、一時停止、着信、通話などのボタンを設け、NFCにも対応。

 付属のコードをつなげば通常のヘッドホンとして使用でき、強磁力希土類マグネットを採用した40mmドライバを搭載し、低域から中高域まで広帯域でハイレゾサウンドを再生可能だ。重量は290g。約4時間の充電で、最大約12時間の再生ができる。

「SE-MS7BT」
「SE-MS7BT」

 SE-MS5Tは、MS7BT同様の強磁力希土類マグネットを採用した40mmドライバを搭載し、ハイレゾ再生に対応したヘッドホン。耳を覆うサイズのイヤーパッドと幅広で厚いヘッドバンドクッションを採用し、高い装着感を実現する。ケーブルは片出しタイプで、重量は230gになる。

「SE-MS5T」
「SE-MS5T」
デジタル製品

AVの記事一覧はこちら

-PR-企画特集