ソフトバンク、10兆円規模ファンドを設立へ--テクノロジ分野に投資

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ソフトバンクグループは10月14日、グローバルにテクノロジ分野へ出資することを目的とした私募ファンド「ソフトバンク・ビジョン・ファンド」(仮称)を設立すると発表した。運用会社は、同社の英国子会社の予定。

 今後5年間で少なくとも250億ドル(約2.6兆円、1ドル=104.58円計算)を同ファンドに出資する予定。また10月12日付で、サウジアラビア王国の政府系投資ファンドであるパブリック・インベストメント・ファンド(PIF)が、今後5年間で最大450億ドル(約4.7兆円)の出資を実施する可能性のもと、主要な資金パートナーとなる覚書を交わしたという。

 さらに、同ファンドへの出資を目的に、複数のグローバルな大手投資家たちと協議中で、総額は1000億ドル(約10兆円)の規模となる可能性があるとしている。

 同ファンドはソフトバンクグループの連結対象となる見込み。このため、同ファンドの業績や資産・負債は連結財務諸表に取り込まれる。具体的な影響額については、必要に応じて開示するという。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加