1本足で飛び跳ねて自立する“から傘お化け”ロボット--ディズニー研究機関が開発

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Walt Disneyの研究機関Disney Researchは、1本足で飛び跳ねて自立していられるロボットを開発した。バッテリや制御回路など動作に必要なモジュールをすべて搭載しており、ケーブルなどを接続することなく、単体で機能できる。


1本足で飛び跳ねる“から傘お化け”ロボット(出典:Disney Research)

 このロボットは、地面をけるための足を1本持ち、その上にバッテリなどを載せた形状。“から傘お化け”“から傘小僧”といった妖怪の姿を思い浮かべると正解だ。

 足の部分は、オーディオ機器のスピーカで使われるのと同じ構造をしたボイスコイル方式のアクチュエータを搭載。伸縮する2つのスプリングと組み合わせた「Linear Elastic Actuator in Parallel(LEAP)」と呼ぶ機構により、ロボットに飛び跳ねる力を与える。

 上部に対して足は2軸の自由度を与えられていて、これで前後左右に動きを調整できる。この仕組みで、ジャンプしながら自立する。


ジャンプして自立できる仕組み(出典:Disney Research)

 実際にロボットを動かしたところ、位置をあまり変えることなく19回ジャンプし、約7秒のあいだ自立していられたという。

出典:Disney Research
  • このエントリーをはてなブックマークに追加