logo

Oculus、スタンドアロンのVRヘッドセットを開発中--ザッカーバーグ氏がプロトタイプ披露

Scott Stein (CNET News) 翻訳校正: 編集部2016年10月07日 10時27分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Facebookの最高経営責任者(CEO)Mark Zuckerberg氏は米国時間10月6日、「Oculus Connect」カンファレンスで、VRソフトウェアの将来について語った。さらに同氏は、「Microsoft HoloLens」のVR版のような、PCやスマートフォンに接続しないスタンドアロンの新しいVRデバイスに関する計画を明らかにした。

 そのVR製品はプロトタイプの段階で、コンピュータビジョンを利用する内蔵の位置追跡機能を利用し、プラグイン式のセンサバーカメラなしでヘッドセット内でモーションを追跡するという。

 「インサイドアウトトラッキング」と呼ばれるこの技術は、仮想現実の世界で待ち望まれていたものだ。HoloLensなどの複合現実(MR)ヘッドセットにはインサイドアウトトラッキングが採用されているが、現在発売されているVRヘッドセットはまだこのテクノロジに対応できていない。

 インサイドアウトトラッキングをOculusのVR製品に搭載する時期については何も計画されておらず、Oculus Connectで披露されたデモは非常に短いものだった。しかし、われわれが今目にしているVRハードウェアと、数年後に実現されるVRハードウェアの姿が全く異なるものであるということを認識させられた。少なくとも、インサイドアウトトラッキングによって「Gear VR」などのモバイルヘッドセットは、「Rift」に一層近い形になり、ユーザーが空間内を歩き回れるようになる可能性がある。


提供:Oculus

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集