logo

講談社が「Kindle Unlimited」に抗議--書籍など全タイトルを一方的に配信停止

山川晶之 (編集部)2016年10月03日 20時58分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 講談社は10月3日、アマゾンジャパンが8月3日に提供開始した電子書籍読み放題サービス「Kindle Unlimited」について、配信していた書籍・雑誌など1000以上のタイトルを一方的に配信停止したとして抗議した。

講談社が発表したアマゾンジャパンへの抗議文
講談社が発表したアマゾンジャパンへの抗議文

 Kindle Unlimitedは、月額980円を支払うだけで12万冊以上の電子書籍が読めるサービスとして登場した。しかし、サービスの展開において、アマゾンのランキング上位に並ぶ講談社の十数作品が、同社に何の連絡もないまま一方的に配信を停止させられたとしている。

 その後、配信の原状復帰をアマゾン側に求めたが事態は好転しなかったという。また、抗議中の9月30日夜以降、講談社が提供する1000を超える作品すべてが、Kindle Unlimitedから一方的に削除されている。講談社は、「書目を提供してきた出版社として大変困惑し、憤っております」とコメントした。

 同社では、アマゾンが独断で配信停止措置を講じるべきではないと主張。著作者への事前説明もできないままにサービスから作品が消えることになるほか、閲覧を楽しみにしている読者にも大きな不利益をもたらすとしており、サブスクリプションサービスの健全な発展のためにも、引き続きアマゾンへ対応を求めていくとしている。

-PR-企画特集