Kickstarter

転がるボールで砂に美しい模様を描き続けるテーブル「Sisyphus」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 以前「S I T O N C L O U D」という名の美しいテーブルを取り上げた。プロジェクションマッピングと同じ手法で流れる雲や揺らめく森などのビデオを上部から投影することで、まるで雲に座って動く下界を眺めているような気分が味わえるものだった。

 今回紹介するテーブル「Sisyphus」は、実際に動いてデザインを変え続けるので、いつまでも見飽きないだろう。現在クラウドファンディングサービス「Kickstarter」で支援募集中。

実際に動いてデザインを変え続けるテーブル(出典:Kickstarter)
実際に動いてデザインを変え続けるテーブル(出典:Kickstarter)

 Sisyphusは、上部に敷き詰めらた砂の上を鉄球が動き、美しい模様を描き続けるテーブル。ギリシャ神話に登場する、必ず転がり落ちる岩を山の頂上まで永遠に押し上げるという苦役を地獄で科せられたコリントの王、Sisyphus(シシュフォス)にちなんで名付けられた。

模様は転がる鉄球で描かれる(出典:Kickstarter)
模様は転がる鉄球で描かれる(出典:Kickstarter)
抽象的なデザイン以外も作れる(出典:Sisyphus公式サイト)
抽象的なデザイン以外も作れる(出典:Sisyphus公式サイト)

 砂の敷かれた層の下では、磁石が2つのモーターで動いて上にある鉄球の位置を変える。こうして鉄球を動かすことで、模様を描いたり、描かれた模様を消したりできるのだ。

いつまでも見飽きることがない(左上から時計回り、出典:Kickstarter)
いつまでも見飽きることがない(左上から時計回り、出典:Kickstarter)

 モーターは「Raspberry Pi」で制御され、描き出す模様の選択、描く速度の調整などができる。設定はスマートフォンのアプリからするほか、無線LAN(Wi-Fi)経由でウェブブラウザからも実行可能。

 このKickstarterキャンペーンでは、サイズや素材の異なる3種類のテーブル「End Table」「3 foot coffee table」「Hardwood coffee table」を用意する。それぞれの大きさは以下のとおり。

【End Table】

  • 直径:2フィート(約61cm)
  • 高さ:22インチ(約56cm)

【3 foot coffee table】

  • 直径:3フィート(約91cm)
  • 高さ:18インチ(約46cm)

【Hardwood coffee table】

  • 直径:4フィート(約122cm)
  • 高さ:18インチ(約46cm)
椅子やソファーの横に置いて使うEnd Table(出典:Kickstarter)
椅子やソファーの横に置いて使うEnd Table(出典:Kickstarter)
床に置いて使う3 foot coffee table(出典:Kickstarter)
床に置いて使う3 foot coffee table(出典:Kickstarter)
やや大きなHardwood coffee table(出典:Kickstarter)
やや大きなHardwood coffee table(出典:Kickstarter)

 なお、製作者のBruce Shapiro氏は、これまでアート作品として直径3mという巨大なSisyphusを作ってきた。一般家庭でもSisyphusの美しさを体験してもらえるよう、Kickstarterでキャンペーンを立ち上げた。

 Kickstarterでの支援受付期間は日本時間10月25日まで。記事執筆時点(日本時間9月26日14時)でキャンペーン期間は28日残っているが、すでに目標金額5万ドルを上回る約6万8000ドルの資金を集めている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加