Facebook、動画広告の視聴時間過大算出で謝罪

Steven Musil (CNET News) 翻訳校正: 矢倉美登里 高森郁哉 (ガリレオ)2016年09月26日 10時55分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Facebookは2年間にわたり、同プラットフォームにおけるユーザーの平均動画視聴時間を過大に算出して広告主に伝えていた。マーケターによるFacebook広告への支出に影響を及ぼす可能性がある。

 視聴時間が実際よりも長く算出されたのは、3秒以上視聴された場合だけを計算に入れ、視聴時間が3秒未満の場合を除外していたためだった。この算出方法についてFacebookは数週間前、広告主向けヘルプセンターのページへの投稿で明らかにしていた。

 広告枠を買う代理店に送られた書簡をThe Wall Street Journal(WSJ)が見直したところ、この計算ミスによって、平均視聴時間が60~80%水増しされていた可能性があるという。

 Facebookの広告およびグローバル事業担当バイスプレジデントDavid Fischer氏はFacebookへの投稿で次のように書いた。「われわれは、こうした間違いを犯した場合を含め、隠し立てせず誠実に対応しなければ、顧客と真のパートナーシップを結べないことは承知している」

 Fischer氏は、マーケターがこの間違いについて把握できるよう、Facebookのダッシュボードに通知を掲載したと述べている。

 Facebookは近年、動画を強化しており、特にライブ動画への注力を一層強めてきた。

 Facebookは声明で次のように述べている。「われわれは最近、ある動画指標の計算方法で間違いに気づいた。この間違いはすでに訂正され、課金には影響していない。パートナーには、製品ダッシュボードと、営業部門およびパブリッシャーとの連絡を通じて通知済みだ。また、指標の名称も変更し、計測内容がより明確になるようにした。この指標は、当社のパートナーが動画キャンペーンを評価するのに使用する、多くの指標の1つだ」

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加