logo

デノン、11chと9chのプレミアムAVレシーバ2機種をラインアップ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 デノンは9月16日、プレミアムAVレシーバの新ラインアップとして、11chパワーアンプ搭載の「AVR-X6300H」(税別価格:28万円)と、9chパワーアンプ搭載の「AVR-X4300H」(同:16万円)を発表した。10月中旬に発売する。


左から「AVR-X6300H」と「AVR-X4300H」

 AVR-X6300Hは、最大250Wの11chモノリスコンストラクション・パワーアンプを、AVR-X4300Hは、最大出力235Wの9chディスクリート・パワーアンプを搭載。両機種とも11.2chプロセッシングおよび11.2chプリアウトを備え、パワーアンプの追加が可能だ。

 Dolby AtmosおよびDTS:Xに対応し、Dolby TrueHD信号を「Neural:X」で、DTS-HD信号を「Dolby Surround」でアップミックスすることも可能。パワーアンプの追加なしに、AVR-X6300Hは最大7.1.4、AVR-X4300Hは5.1.4、または7.1.2のサラウンドシステムを構築できる。

 スピーカは4オームのドライブに対応し、フロントスピーカの駆動に4chアンプを使って高音質化する「バイアンプ」、2系統のフロントスピーカを切り替えて使用する「A+B」など、柔軟なシステム構成が可能。ゾーン2、ゾーン3のスピーカに割り当てることでも可能だ。

 音場補正技術「Audyssey MultEQ XT32」を搭載し、付属のマイクを使って、スピーカの有無やサイズ、距離、音量などの調整値を自動的に設定。最大8カ所の測定データを解析することで、多人数で映画を見る場合でも、全員が理想的なサウンドを得られるようにチューニングしている。

 映像は、両機種とも8入力/3出力すべてのHDMI端子が、著作権保護技術HDCP 2.2に対応。4K Ultra HDコンテンツに加え、DVDやBDも4Kアップスケーリングで高精細に楽しむことができる。2つのモニタHDMI出力で、テレビとプロジェクタなど、2画面に同時に出力することも可能だ。

 DSD、ハイレゾ対応のネットワークオーディオプレーヤー機能を搭載し、DSDは2.8MHz/5.6MHz、WAV、FLACは最大192kHz/24bit、Apple Losslessは最大96kHz/24bitまでのファイル再生に対応。DSDファイル再生対応のUSB端子も備えている。

  • 「AVR-X6300H」

  • リアパネル

  • 内部構造

  • 「AVR-X4300H」

  • リアパネル

  • 内部構造

 Wi-Fi、Bluetoothに対応し、対応機器の音楽やインターネットラジオをワイヤレスで楽しむことができる。FM/AMラジオチューナは、FM補完放送の「ワイドFM」も聴取できる。「Denon 2016 AVR Remote」 アプリを使えば、スマートフォンやタブレットなどから、本機の操作やPC/NASなどのコンテンツ検索、ネトワーク機能の操作などが可能となる。

デジタル製品

AVの記事一覧はこちら

-PR-企画特集