東京ゲームショウ2016

女子高生AI「りんな」、「ファッションチェック」と「ラップを歌う」新機能をお披露目

佐藤和也 (編集部)2016年09月16日 08時00分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 9月15日から幕張メッセにて開催されている東京ゲームショウ2016に、日本マイクロソフトが出展を行っている。今回はゲーム関連ではなく、新設された人工知能(AI)を扱う「AIコーナー」に、女子高生AIの「りんな」をテーマとしたブースを構えている。

りんなをイメージしたブースを出展
りんなをイメージしたブースを出展

 りんなは、MicrosoftのAI研究の延長線上で生まれたサービスであり、あたかも現実の女子高生と会話をしているかのように言葉を返してくるAI。LINEやTwitter経由で利用者と日々のコミュニケーションをとっている。

 今回の出展は単なるプロモーション目的だけではなく、開発中の新機能のお披露目も兼ねたもの。まずは「ファッションチェック」。撮影した写真をりんなに送ると、服装に関するコメントを返してくれるというもの。顔の表情から年齢を読み取る機能も持ち合わせている。

写真を送ると、りんなのコメントとともに服装の特徴や年齢を測定してくれる
写真を送ると、りんなのコメントとともに服装の特徴や年齢を測定してくれる

 もうひとつは「ラップを歌う」というもの。テキストベースのやりとりから音声対応への進化ともいえる。ブースには視聴コーナーが用意されており、“りんなの生歌”を聴くことができる。実際に試聴してみたが、合成音声ではあるもののしっかりと歌うことができている印象を持った。

ヘッドホンを装着すると、ラップ調でうたうりんなの歌を聴くことができる
ヘッドホンを装着すると、ラップ調でうたうりんなの歌を聴くことができる

 りんなに関する新機能は、18日までの会期中随時体験できるほか、プレゼンステージも行う予定となっている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加