logo

JVC、バランス接続対応のヘッドホンアンプ「SU-AX01」--DSD 11.2MHzもOK

加納恵 (編集部)2016年09月15日 19時27分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 JVCケンウッドは9月15日、JVCブランドからポータブルヘッドアンプ「SU-AX01」を発表した。Hi-Fiオーディオの思想を継承した、フルバランス構成ディスクリートヘッドホンアンプになる。発売は11月上旬で、想定税別価格は11万円前後。


「SU-AX01」

 D/Aコンバータ以降のアナログ部は、フルバランス構成にすることで解像度と空間表現を追求。ボリューム、電源、ヘッドホンジャックに至るまでLR独立構成を採用し、セパレーションを向上させ、バランス接続ならではの再生音を実現する。

 上段にデジタル、下段にアナログ基板を配置したセパレート構成により、互いの干渉を低減。外装ケースから、回路基板の載ったシャーシを離した「アドバンスドフローティング構造」を採用し、外部振動からの悪影響を抑え、安定した高音質再生を実現。シャーシには、現行機「SU-AX7」にも採用した「fホール」に加え、「バナナホール」を追加することで、芯のある音と伸びやかな音を両立しているという。

  • 外装ケースと回路基板が乗ったシャーシの接続部を少なくしたフローティング構造を採用

  • 左がデジタル基板、右がアナログ基板

  • シャーシにはfホールに加えてバナナホールをつけている

 バランス接続(直径3.5mm)×2のヘッドホン端子を装備し、入力端子は、ステレオミニ、光デジタル、同軸デジタルを2系統ずつ装備。iOS、USB端子も備える。

 対応オーディオファイルは、最大384kHz/32bitまでのPCMと、11.2MHzまでのDSDで、周波数特性は10Hz~100kHz。サイズは高さ28.5mm×幅80.4mm×奥行き153.5mmで、重量約400g。内蔵リチウムイオンバッテリを内蔵し、約5時間の充電で、約5.5時間(アナログ接続時)の使用に対応する。外部電源からの給電に対応する「ハイインテンシティモード」も備え、据え置きとしても使用できる。

  • フロントパネルにUSBやバランス接続(直径3.5mm)×2のヘッドホン端子などを装備する

  • リアパネル。カバーを少し大きくすることで端子部をカバーできる

デジタル製品

AVの記事一覧はこちら

-PR-企画特集