logo

ヤマハ、アートフレームのようなオーディオ「Restio」--壁や棚にさり気なく

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ヤマハは9月13日、インテリアオーディオ「Restio(レスティオ)」シリーズの第5弾として、アートフレームのように棚や壁に設置できる、インテグレーテッドオーディオシステム「ISX-18」を発表した。10月上旬に発売する。税別価格は4万5000円。

「Restio ISX-18」
「Restio ISX-18」

 ISX-18は、高さ19.5cm×幅19.5cm×奥行き6cmで、小さなアートフレームのように棚や机の上に置いたり、壁に掛けたりして設置することが可能。アルミ削り出しの一体フレームにサンドブラスト加工を施し、フロントグリルは1枚の鉄板を加工したエキスパンドメタルを採用したスタイリッシュなデザインで、本体カラーはホワイトとブラックの2色を用意している。

 コンパクトな本体ながら、5cmウーファと2.5cmトゥイータを搭載した2ウェイ2スピーカ構成。バスレフポート搭載により、豊かな低音を再生するほか、圧縮デジタル音声を補完する「Music Enhancer」機能も備える。

 Wi-Fiを内蔵し、PCやNASに保存されている音楽やインターネットラジオをワイヤレスで聴くことが可能。Bluetoothにも対応し、スマートフォンやタブレットの音楽のワイヤレス再生に加え、Bluetooth対応のスピーカやヘッドホンへのワイヤレス送信もできる。

 ヤマハのネットワーク機能「MusicCast」により、別の部屋にあるCDやテレビなどの再生が可能。「MusicCast CONTROLLER」アプリを使えば、スマートフォンやタブレットから、曲の選択やFMラジオの選局などの操作ができる。

  • ボディカラーはホワイトとブラック

  • ボタン類は上部に集約

  • 大きめの時計表示。アラーム設定も可能

デジタル製品

AVの記事一覧はこちら

-PR-企画特集