HTC、TGS2016にブース出展--「スペチャン」など「Vive」のVRコンテンツが体験可能

佐藤和也 (編集部)2016年09月12日 20時07分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 HTCは9月12日、9月15日から幕張メッセにて開催する東京ゲームショウ2016(TGS2016)にてブース出展を行う。その概要を発表した。

  • ブースイメージ。クロマキー合成により、VRコンテンツの世界にいる体験者をモニターでは映し出すという

 TGS2016ではバーチャルリアリティ(VR)関連の展示物を集めた「VRコーナー」が新設。HTCでは戦略パートナー企業とともにVR製品の「Vive」を試遊できるブースを設ける。

 試遊できるコンテンツは、スクウェア・エニックスとグリーが共同開発している「乖離性(かいりせい)ミリオンアーサーVR」や、講談社が“VRアイドルコンテンツ”として展開している「Hop Step Sing!」、バンダイナムコエンターテインメントのホラー実体験室「脱出病棟Ω(オメガ)」、KDDIが複数人参加型のVRデモコンテンツとして開発を進め、「スペースチャンネル5 VR ウキウキビューイングショー」のデモ版も収録されている「Linked-door loves Space Channel 5」などを予定している。

 17日と18日の一般公開日における試遊については、試遊券1枚で来場者1名につき、10分間の試遊体験が可能。セントラルモール HALL 8前の試遊券配布場所で、希望時間と希望コンテンツを選び、試遊券を受け取る必要がある。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加