任天堂、iOS向け新作ゲーム「スーパーマリオラン」発表--宮本氏アップルイベントに登壇

坂本純子 (編集部)2016年09月08日 02時49分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 任天堂は、9月7日(米国時間)に開催したAppleのスペシャルイベントで、iOS用のゲームアプリ「SUPER MARIO RUN(スーパーマリオラン)」を発表した。2016年12月に100か国以上のApp Storeにおいて配信を開始すると発表している。iMessage用にスーパーマリオステッカーも用意する予定だ。

スーパーマリオシリーズの生みの親として知られる、任天堂 代表取締役クリエイティブフェローでゲームクリエイターの宮本茂氏が登壇
スーパーマリオシリーズの生みの親として知られる、任天堂 代表取締役クリエイティブフェローでゲームクリエイターの宮本茂氏が登壇

 SUPER MARIO RUNは、簡単なタップ操作をするだけで、マリオの多彩なアクションを楽しめる新しいアクションゲームだ。走り続けるマリオを操作し、地形を利用したアクションでコインを集めてゴールを目指す。SUPER MARIO RUNには、コインを集めゴールを目指すモードと、多彩なアクションを決めて他のプレイヤーと競うモードが存在し、さらにそれらのプレイ結果によって、自分だけのキノコ王国を作るモードが存在する。詳細なゲーム内容や課金に関する情報は、後日公表するとしている。

 イベントには、スーパーマリオシリーズの生みの親として知られる、任天堂 代表取締役クリエイティブフェローでゲームクリエイターの宮本茂氏が登壇。「ハンバーガーを食べながらでも、リンゴを食べながらでも遊べる」とプレゼンテーションした。なお、宮本氏はAppleのイベントにて日本語でプレゼンテーションを行った初の日本人と見られる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加