Kickstarter

役に立たないけど役立つサイコロ型デスク玩具「Fidget Cube」--Kickstarterで大人気

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 クラウドファンディングサービス「Kickstarter」で、妙なグッズ「Fidget Cube」が目標金額の21倍強もの資金を集める大人気だ。サイコロに似た小さな立方体のガジェットなのだが、何かの役に立つのだろうか。


サイコロに似た用途が分からないガジェット(出典:Kickstarter)

 Fidget Cubeは、ストレス解消を目的としたデスク玩具。各面に設けられたボタンやスイッチをいじることで、気を紛らわせたり集中力を高めたりするのに使うそうだ。仕事中や勉強中に、無意識にしてしまうペン回しやボールペンのノック、貧乏揺すりなどと違い、周囲に迷惑をかけずに済む。


ボタンやスイッチをいじってストレス解消(出典:Kickstarter)

 6つある面のそれぞれに異なる仕掛けが施されていて、好みに合わせて使い分けられる。各面のギミックは以下のとおり。

  • Click(クリック):5つの押しボタンがあり、その内3つはクリック音がする。
  • Glide(グライド):クリクリと動かせる小さなジョイスティック。
  • Flip(フリップ):シーソー式スイッチ。素早く動かすとクリック音を鳴らせる。
  • Breathe(ブリーズ):忘憂石(worry stone)と呼ばれる滑らかな石のように、指先で触れて精神を落ち着かせる。
  • Roll(ロール):ボールと回転式のダイヤルを回す。ボールはクリックもできる。
  • Spin(スピン):回すことのできる小さな円盤。

各面に異なるギミックを搭載(出典:Kickstarter)

 カラーバリエーションは「Die」「Graphite」「Midnight」「Aqua」「Sunset」「Berry」「Fresh」「Retro」の8種類。


カラーバリエーションは8種類(出典:Kickstarter)

 Kickstarterでの支援受付期間は日本時間10月20日まで。記事執筆時点(日本時間9月7日12時)でキャンペーン期間は42日残っているが、すでに目標金額1万5000ドルの21倍を超える約32万ドルの資金を集めている。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加