logo

アマゾン、スマートスピーカ「Echo」限定の音楽ストリーミングサービスを計画か

Jake Smith (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 佐藤卓 高森郁哉 (ガリレオ)2016年08月24日 10時14分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Amazon.comは、同社のスマートスピーカ「Amazon Echo」向けの音楽ストリーミングサービスをスタートする計画だという。Recodeが報じた

 この新しい音楽ストリーミングサービスは、「Spotify」や「Apple Music」とは異なり、Echoを持っている人しか利用できない。ただし、月額利用料は先行サービスの約半分(4~5ドル)になる見込みだ。

 Recodeの記事によると、Amazonはこの新サービスを9月に開始する計画だという。米CNETはAmazonにコメントを求めたが、回答は得られていない。

 音声アシスタント機能を備えたスピーカのEchoは、売れ行き好調だ。Amazonの人工知能ソフトウェア「Alexa」を介して、ユーザーは自然言語を使い、天気予報を聞いたり、楽曲を再生したり、Uberに配車をリクエストしたりできる。

 The Informationの報道によると、Amazonは2015年下半期に100万台のEchoを販売しており、2016年には300万台の販売を目指しているという。

 Amazonは現在、「Prime Music」で音楽を提供している。これは年額99ドルの「Prime」会員向けのストリーミングサービスで、広告なしで音楽を楽しめる。ただし、SpotifyやApple Musicなどの競合サービスと比べ、曲数は限られている。

 Echoの音楽ストリーミングサービスは、しばらく前からうわさされてきた単体の本格的なストリーミングサービスとともに開始される可能性が高い。ロイターによると、月額9.99ドルのサービスが2016年秋に開始されるという。

 Amazonは米国で、「Prime Video」のユーザー向けに同じような単体の月額制サブスクリプションプランを設けている。月額料金は8.99ドルで、競合のNetflixよりも安い。


提供:File photo

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集