logo

「あとで行く」を整理できる写真メモアプリ「Go Memo」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 「Go Memo」は、後日訪れてみたいと感じた店やスポットを整理し、保管しておけるアプリだ。街を歩いていて撮影した店やスポットの写真を登録すると、GPS情報から所在地を取り込み、地図上で表示できるようになるので、あとから場所をわざわざ調べなくとも再訪問が容易になる。

  • アプリを起動し、登録したい店もしくはスポットの写真を選択する。現地にいるのであればアプリのカメラ機能で新規に撮影しても構わない

  • そのまま「完了」ボタンを押しても構わないが、具体的な場所を表示したければ「場所を追加」をタップする

  • GPS情報から得られた近隣のスポットが表示されるので選択する

 本アプリの利用にあたっては、GPS情報を含む店やスポットの写真があることが大前提となる。アプリを起動したら「+」ボタンをタップし、写真の登録を実行すると、店もしくはスポットの所在地はGPS情報から自動的に読み込まれる。近隣のスポットを一覧表示して具体的な名前を取り込むことも可能なので、所在地に誤差がある場合などに重宝する。このほかメモを付与する機能もあるので、店やスポットの名前、その他訪問に必要な情報をメモしておける。

  • 写真にメモを添付することもできる

  • 登録完了。さきほど入力したメモが写真の上にオーバーレイ表示されている

  • タップすると詳細が表示される。GPS情報を元にした地図が下段に表示される

 登録した店やスポットは、現在地に近い順にタイル状に並んで表示されるので、現在地からなるべく近いところに立ち寄る場合も迷わずに済む。馴染みのお店やスポットを登録しておき、近くの店を調べる用途にも活用できるだろう。個々の写真をタップすれば詳細な地図が表示できるほか、それらはiOSの標準マップまたはGoogleマップで開き直すこともできるので、現在地からの経路確認も容易だ。

  • 地図はiOSの標準マップおよびGoogleマップで開き直すこともできるので経路の確認も容易だ

  • スポットは複数登録できる。デフォルトでは現在位置から近い順に表示され、マップ表示に切り替えることも可能

 所在地を自動的に取り込むという仕組み上、GPS情報がない写真ではうまく機能せず、手動で住所を登録して地図を表示する機能も用意されていない。つまり通りすがりに写真を撮ることが大前提となっており、それ以外の用途には対応しない。ある意味で割り切りのよいアプリだが、行ってみたいお店をメモがわりに撮影する習慣がある人にとっては、情報整理に重宝するだろう。本アプリで取り込んだ写真はカメラロール上で削除されたあとも本アプリ上には残るのも、利点の1つといえそうだ。

>>Go Memoのダウンロードはこちらから
ビジネスアプリセンター

iPhoneの記事一覧はこちら

-PR-企画特集