logo

Lyft、アップルやGMに売却打診も失敗か

Jake Smith (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部2016年08月22日 08時51分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Uberに次ぐ第2位の配車サービス新興企業であるLyftは最近、Apple、Google、Amazon、General Motorsに自社の売却を持ちかけたという。The New York Timesが最初に報じた。

 Recodeによると、Lyftは90億ドルで自社を売却したい考えだったが、思惑通りに事を進められなかったという。Lyftは、競合するUberやDidi Chuxingにも打診したとされている。Uberの幹部はLyftの買収に20億ドル以上を投じるつもりはないと述べたとBloombergは報じている。

 Lyftの広報を担当するAlexandra LaManna氏はUSA Todayに対し、「われわれの業界ではさまざまなうわさには事欠かない。われわれはそうしたうわさにはコメントしない」と述べた。

 Lyftは6月、テクノロジ分野の合併買収を専門とする投資顧問会社Qatalyst Partnersと契約したとThe Wall Street Journalが報じていた。最も利用が多い時期の1カ月間のLyftの配車回数が1400万回であったのに対し、同期間にUberの配車回数は6200万回だった。

 The Informationは以前、Lyftに5億ドル相当を出資するとしていたGMがLyftの買収に関心を示していると報じていた。しかしThe Informationによると、Lyftは新たな資金調達ラウンドを選択し、そこで同社は55億ドルと評価されたという。Lyftは14億ドルの現金を保有しているとされている。

 Apple、Google、Amazon、General Motorsの関係者はコメントを控えた。

Lyft、AppleやGMに売却打診も失敗か
提供:File photo

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集