アップル、ドレイクら所属のヒップポップレーベルに関するドキュメンタリーを制作か

Richard Trenholm (CNET News) 翻訳校正: 編集部2016年08月18日 13時29分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Appleが、DrakeやLil Wayne、Nicki Minajらの所属する大手ヒップポップレーベルCash Money Recordsにまつわるドキュメンタリーを制作し、「Apple Music」で独占配信する予定であるという。Music Business Worldwideが報じた。

 Cash Moneyの創設者Birdman Williams氏は、Apple Musicの幹部Larry Jackson氏とともに写っている写真をInstagramに投稿し、Appleとの提携を示唆した。米CNETはAppleとCash Moneyにコメントを求めたが、本校執筆時点で回答は得られていない。

 自社のストリーミングサービスへの加入を促すためにオリジナルコンテンツを制作するという動きにおいて、Appleは比較的新参の企業となる。Apple Musicや「Tidal」といった音楽ストリーミングサービスはこれまで、アルバムの独占配信を重視してきた。それでもNetflixやAmazonが、新しい番組や映画を製作するなど独自のビデオストリーミングサービスの分野で先行する中、Appleも女優Gwyneth Paltrowが出演する「Planet of the Apps」(アプリの惑星)という番組シリーズを計画中だ。

Appleが、大手ヒップポップレーベルCash Money Recordsにまつわるドキュメンタリーを制作中か
提供:Prince Williams/FilmMagic

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加