タトゥーでモバイル操作も可能に?--Microsoft Researchらが開発した新技術「DuoSkin」

Liam Tung (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部2016年08月16日 13時47分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Microsoft ResearchとMIT Media Labの博士課程の学生らが、金箔を肌に貼りつけるタトゥー状のウェアラブルデバイスを作製可能な技術を開発した。

 これらのスマートタトゥーは、装着者の肌をまったく新しいインターフェースに変えることで、モバイル端末を制御するためのタッチパッド、ディスプレイ、あるいはNFC(近距離無線通信)チップを利用する無線通信用デバイスとして使用することを可能にする。

 MITはこの技術を「DuoSkin」と呼び、金箔を使って肌に直接貼り付けられる機能的なウェアラブルデバイスを構築する「製作プロセス」だと新たな論文で説明している。

 製造プロセスでは、グラフィックデザイン用ソフトウェアを使って用途に適した「皮膚回路」を作成し、その後回路のステンシル型を作成する。金箔は導体としての役割を果たす。

 このプロジェクトの主な目的の1つは、人々が独自のデバイスをシンプルかつ安価で手軽に作成できる手段を提供し、ウェアラブル技術を身近なものにすることだ。

 必要な道具の中で最も高価なものは230ドルの電子カッターだ。金箔シートは1袋10ドル、NFCタグは2.5ドルとなっている。

DuoSkin
提供:MIT Media Lab

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加