logo

ヤマハ、テレビの前に設置できるスリムなサウンドバー「YAS-106」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ヤマハは8月10日、スリムなサウンドバータイプのフロントサラウンドシステム「YAS-106」を発表した。9月上旬に発売する。想定税別価格は2万6000円前後。

「YAS-106」
「YAS-106」

 YAS-106は、高さ63mm×幅890mm×奥行き131mmの薄型で、スタンドが低い薄型テレビでも、画面を遮ることなくテレビの前に設置が可能。壁掛けでもすっきりと設置できる。

 4K映像、HDCP2.2に対応した、1入力/1出力のHDMI端子を装備し、HDMIケーブル1本でテレビ音声を伝送できる「オーディオリターンチャンネル(ARC)」に対応。HDMI接続中の対応テレビやレコーダーと連動して、本機の操作が可能な「HDMIコントロール機能(リンク機能)」も搭載した。

 スピーカには、5.5cmミッドレンジウーファのメイン(フロント)L/R スピーカ、7.5cm口径の内蔵サブウーファ、2.5cm トゥイータによる3ユニット構成を採用。スリムなボディながら、実用最大出力計120Wのハイパワーアンプに加え、高効率のバスレフポートも装備し、迫力の高音質を楽しめる。

 低音再生技術「バスエクステンション」を備え、豊かでパワフルな重低音再生が可能。さらに、5.1chバーチャルサラウンド技術により、左右や後方にもスピーカを設置しているかのような音場を再現する。セリフやナレーションなど人の声が聴き取りやすくなる「クリアボイス」も搭載した。

 Bluetoothに対応し、スマートフォンやタブレットなどの音楽を、ワイヤレスで再生できる。音質改善技術「ミュージック・エンハンサー」により、圧縮音源も高音質に再生が可能だ。iPhone等の音声をクリアな音で楽しめる、オーディオコーデックAAC、SBCにも対応する。専用アプリ「HOME THEATER CONTROLLER」をインストールしたスマートフォンやタブレットで、本機の操作ができる。

デジタル製品

AVの記事一覧はこちら

-PR-企画特集