パイオニア、11chモデルも登場--「ダイレクトエナジーHDアンプ」搭載AVレシーバ3機種

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 オンキヨー&パイオニアマーケティングジャパンは8月8日、パイオニアブランドより、「ダイレクトエナジーHDアンプ」を搭載したAVレシーバとして、「SC-LX901」(税別価格:41万円)、「SC-LX801」(同:35万円)「SC-LX701」(同:23万3000円))の3機種を発表した。9月上旬に発売する。

  • 「SC-LX901」

  • 「SC-LX801」

  • 「SC-LX701」

 3機種とも「ダイレクトエナジーHDアンプ」を搭載し、LX901は11ch(880W)、LX801は9ch(770W)、LX701は9ch(760W)同時ハイパワー出力を実現。Dolby AtmosやDTS:Xのマルチチャンネル3次元音響を、迫力のあるサウンドで楽しめる。LX901/LX801のみ、録音スタジオ「AIR Studios」認定の音質チューニングを施した。

 付属の集音マイクを使った「3次元音場補正」に加え、「デュアル サブウーファーEQ補正」機能により低域の再現力を向上。視聴環境に左右されることなく、理想的な音場を実現するという。対応チャンネルの全てが幅広いスピーカインピーダンスに対応しており、設定や切り替えなしに、さまざまなスピーカとの接続が可能だ。

 スピーカ内で発生する低音と高音の時差や、チャンネル間の位相特性を補正する「フルバンド・フェイズコントロール」を搭載。ドルビー・イネーブルド・スピーカー使用時、天井に反射する音とスヒーカから聞こえる音との時差を補正する「Reflex Optimizer」も搭載した。

 192kHz/24bitのハイレゾ音源、11.2MHzまでのDSDファイルに加え、Dolby True HDファイルの再生に対応。Wi-Fi/Bluetoothを搭載し、高音質なネットワークオーディオ再生が可能だ。ハイレゾやネットワーク再生の低ジッターを実現する、「PQFA」も搭載した。

 著作権保護規格HDCP2.2に対応したHDMI端子を装備し、4K映像に対応。AM/FMチューナー搭載に加え、インターネットラジオ「radiko.jp」、スマートフォンやタブレットの「Google Cast」にも対応している。

デジタル製品

AVの記事一覧はこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加