Kickstarter

LEGOブロック互換の粘着マット「Brik Tile」--壁一面をすき間なく覆うLEGOアートに

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 クラウドファンディングサービス「Kickstarter」で、「LEGO」ブロック互換アクセサリ「Brik Tile」が、目標金額の6倍超もの資金を集めることに成功した。これほどの人気になったのは、今まで存在しなかったことが不思議なアクセサリだからかもしれない。

Kickstarterで人気になったLEGOブロック互換アクセサリ(出典:Kickstarter)
Kickstarterで人気になったLEGOブロック互換アクセサリ(出典:Kickstarter)

 Brik Tileは、10インチ(約25cm)角のパネルで、表面にはLEGOブロックを取り付けるための突起がある。背面は粘着性のあるシートで、壁のほか、ドアやタンス、冷蔵庫、ノートPCなど平らなものに貼り付けられる。貼り付けても簡単にはがして別の場所に貼り直せるため、壁などを傷める心配がない。

平らなものに貼り付けて使う(出典:Kickstarter)
平らなものに貼り付けて使う(出典:Kickstarter)

 表面の突起にLEGOブロックをはめることで、LEGOで絵を描いたりオブジェを作ったりできる。以前からあるLEGOブロック用プレートと異なり、パネルの周辺ぎりぎりまで突起が設けられているため、パネルを跨ぐ形でブロックをはめることが可能。複数のパネルを敷き詰めると、壁一面をすき間なく覆う巨大LOGOブロックアートも作れる。

壁一面をすき間なく覆う巨大LOGOブロックアートが作れる(出典:Kickstarter)
壁一面をすき間なく覆う巨大LOGOブロックアートが作れる(出典:Kickstarter)

 さらに、Brik Tileに取り付けた状態で手前に角度を付けられる特殊なブロック「Brik Clip」も用意する。これを使うと、鍵やケーブルをつり下げたり、写真やカードを飾ったりといった用途にも使える。

さまざまな用途に役立つBrik Clip(出典:Kickstarter)
さまざまな用途に役立つBrik Clip(出典:Kickstarter)

 Kickstarterでのキャンペーンはすでに終了。目標金額は3万ドルで、その6倍を超える18万1567ドルの集金に成功した。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加