logo

J-Force、シガーソケット搭載のBluetooth対応FMトランスミッタ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 フォースメディアは8月4日、J-Forceブランドより、スマートフォンなどの音楽をカーオーディオに転送できる、Bluetooth対応FMトランスミッタ「JF-BTFM23K」を発表した。発売は8月上旬。想定税込価格は3980円となる。


「JF-BTFM23K」

 JF-BTFM23Kは、スマートフォンやタブレットなどの音楽をBluetoothで受信し、FM波でカーナビやカーオーディオの車載FMラジオへ転送するFMトランスミッタ。ワイヤレス接続ができるので、後部座席でも操作が可能だ。

 本体にシガーソケットを搭載しているので、シガーソケットをふさがず使用が可能。USBを2ポート用意し、音楽を再生したまま、スマートフォンなどを同時に2台充電することも可能だ。電源は12Vおよび24V対応で、トラックなど大型車両でも使用できる。

 FM周波数は、76.0~108.0MHzのワイドチャンネルに対応し、混信を避けたチャンネル設定が可能。最後に使用したチャンネルを本体に記録するので、再設定の手間がない。

 本体にマイクを搭載し、スマートフォンのハンズフリー通話を実現。本体ボタンで通話の開始、終了の操作が可能で、ノイズキャンセル機能も搭載している。本体サイズは高さ33mm×幅52mm×奥行き103mmで、重量は55g。

デジタル製品

AVの記事一覧はこちら

-PR-企画特集