logo
Kickstarter

テレビに連動して色と明るさが変わる間接照明「Lightpack 2」--映像に広がりが

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 テレビの映像に応じて光る間接照明システム「Lightpack 2」が、クラウドファンディングサービス「Kickstarter」で人気を集めている。映像に広がりが感じられ、アクション映画やゲーム映像の迫力を高められそうだ。

テレビ映像に合わせて光る間接照明(出典:Kickstarter)
テレビ映像に合わせて光る間接照明(出典:Kickstarter)

 Lightpack 2は、テレビ画面の裏側4辺にリボン状になったLEDを貼り付け、表示する映像に合わせて各LEDの色と光度を変化させるシステム。白い壁の手前にLightpack 2付きテレビを設置して映像を表示させると、映像に連動して壁が光り、これまでにない映像体験ができる。

映像に応じてLEDの色と光度が変化(出典:Kickstarter)
映像に応じてLEDの色と光度が変化(出典:Kickstarter)

 Lightpack 2のコントロールモジュールは、4つのHDMI入力ポートを搭載している。DVDやブルーレイの映像だけでなく、ゲーム機のプレイ画面に合わせて光らせることも可能だ。

HDMI映像入力端子は4つ(出典:Kickstarter)
HDMI映像入力端子は4つ(出典:Kickstarter)
各辺に貼り付けたLEDの長さはシステムが自動認識(出典:Kickstarter)
各辺に貼り付けたLEDの長さはシステムが自動認識(出典:Kickstarter)

 コントロールモジュールは、テレビ背面のLEDリボンに加え、壁や床などに置いて光らせる直方体のデバイス「Pixels」も制御する。Pixelsを画面から離れた場所に設置すれば、さらに映像を広げられる。Pixelsは内蔵バッテリで作動し、Bluetoothで制御されるので、邪魔になるケーブルを這わせる必要がない。

好きな場所に設置できるワイヤレスLEDモジュールPixels(出典:Kickstarter)
好きな場所に設置できるワイヤレスLEDモジュールPixels(出典:Kickstarter)

 LEDリボンとPixelsの動作は、スマートフォンのアプリから設定する。テレビ映像に合わせて光らせるほか、テレビを消した状態で環境照明としても使える。

環境照明としても使える(出典:Kickstarter)
環境照明としても使える(出典:Kickstarter)

 Kickstarterでの支援受付期間は日本時間8月6日まで。記事執筆時点(日本時間8月3日15時)でキャンペーン期間は3日残っているが、すでに目標金額19万8000ドルの2倍を上回る約46万6000ドルの資金を集めている。

-PR-企画特集