logo

Amazon、日本でも「Kindle Unlimited」スタート--月額980円で電子書籍読み放題

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 アマゾンジャパンは8月3日、月額980円の定額読み放題サービス「Kindle Unlimited」の提供を開始した。初回の30日間は無料。

日本でも「Kindle Unlimited」スタート
日本でも「Kindle Unlimited」スタート

 Kindle Unlimitedは、和書12万冊以上、洋書120万冊以上のKindle電子書籍が読み放題になる定額サービス。スマートフォンやタブレット、PC、Mac用のKindleアプリのほか、Kindle電子書籍リーダー、Fireタブレットから利用可能。対象作品にはKindle Unlimitedロゴが付加されており、「読み放題で読む」をタップして読むことができる。

 書籍では、「陽気なギャングが地球を回す」(伊坂幸太郎)、「『原因』と『結果』の法則」(ジェームズ・アレン)、「お金持ちの教科書」(加谷珪一)など8万冊以上をラインナップ。雑誌では、週刊ニューズウィーク日本版、クロワッサン、OPTIONをはじめとした週刊誌・月刊誌を含む240誌以上の最新号とバックナンバーが読める。

  コミックでは、「orange」(高野苺)、「信長のシェフ」(西村ミツル・梶川卓郎)、「きまぐれオレンジ☆ロード」(まつもと泉)、「関根くんの恋」(河内遙)、「ブラック・ジャック」(手塚治虫)など3万冊以上を取りそろえる。

 そのほか、短編として、「犬に聞いてみろ」(池井戸 潤)、「天上の飲み物」(三浦 しをん)、「ナベちゃんのヨメ」(辻村 深月)などをラインナップするほか、Kindleアーカイブとして、葛飾北斎の「富嶽百景」、広重の「名所江戸百景」など、国立国会図書館所蔵の作品1万点以上も読み放題に含まれる。

 洋書は120万冊以上を取りそろえており、「Harry Potter(ハリー・ポッター)」シリーズ、「The Hunger Games(ハンガー・ゲーム)」シリーズ、「What If?(ホワット・イフ?)」などが読み放題だ。

-PR-企画特集