「Pokemon GO」開発企業CEOのTwitterにハッキング--ブラジルで提供されず憤慨か

Michelle Starr (CNET News) 翻訳校正: 編集部2016年08月02日 08時19分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 著名人のTwitterアカウントに対する攻撃が続いているが、今回新たに被害に遭ったのは、「Pokemon GO」の開発元であるNianticの最高経営責任者(CEO)、John Hanke氏だ。米国時間7月31日、Hanke氏の1万6000人のフォロワーに対して一連のツイートが発信された。「OurMine」というハッシュタグが付けられ、ブラジルのためにハッキングしたと主張する内容だった。ブラジルではまだ、Pokemon GOがリリースされていない。

 あるツイートには、Hanke氏のパスワードが「nopass」だったとも書かれていたが、ハッカーがこれについて説明していたQ&Aサイト「Quora」へのリンクは削除されている。興味深いことに、OurMineは自らを、ソーシャルネットワークのアカウントセキュリティを評価する企業だと主張しており、ハッキングは、ユーザーにアカウントのセキュリティ強化を促すためのマーケティング活動のようなものらしい。それはさておき、#OurMineのハッシュタグにはこの行為に対する反応が寄せられている。中には、ハッキングは注目を集める方法としてはまずいやり方だと考えるブラジルのユーザーや、Pokemon GOの最近のアップデートに反対する他国のプレーヤーもいた。

 OurMineが具体的にどのようにしてHanke氏のパスワードを入手したのかは不明だ。同社にコメントを求めたが直ちに回答は得られなかった。


提供:Screenshot by Michelle Starr/CNET

 

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加