お台場フジテレビイベントに乃木坂46出演のPS VR向けホラーコンテンツが出展

佐藤和也 (編集部)2016年07月30日 08時30分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 フジテレビは、同社が主催しているイベント「お台場みんなの夢大陸2016」において、8月1日からPlayStation VR(PS VR)用コンテンツ「ほん怖プレゼンツ『乃木坂46 VRホラーハウス』」を出展する。期間は8月31日まで。

ほん怖プレゼンツ「乃木坂46 VRホラーハウス」 ほん怖プレゼンツ「乃木坂46 VRホラーハウス」
ほん怖プレゼンツ「乃木坂46 VRホラーハウス」
(C)フジテレビ

 これはドラマ「ほんとにあった怖い話」のスピンオフ企画として、360度映像の臨場感あふれるスペシャルドラマとして出展されるもの。アイドルグループの乃木坂46から生駒里奈さん、齋藤飛鳥さん、桜井玲香さん、高山一実さん、西野七瀬さんが作中の登場人物として出演する。また制作には、PS VRの発売元であるソニー・インタラクティブエンタテインメントジャパンアジアが技術協力を行ったという。

 VR映像の体験には参加整理券が必要。開催当日午前10時から1人につき1枚配布される。なおオープン時間が午前9時の場合は9時から配布される。いずれも予定数に達し次第、配布を終了する。また、対象年齢は12歳以上となっており、12歳未満は体験不可となっている。また会場となっているマルチシアター内では観覧席を設けており、VR映像ではないスクリーンの映像も観覧することができる。観覧席は入替制となっている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加