グーグル、「Google Play Family Library」を提供開始--家族でアプリ等を共有可能に

Asha Barbaschow (CNET News) 翻訳校正: 水書健司 長谷睦 (ガリレオ)2016年07月28日 10時11分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Googleが、アプリ、ゲーム、映画、テレビ番組、書籍などの購入コンテンツを、最大6人までの家族の間で無料で共有できる「Google Play Family Library」を開始した。

 「Google Play Store」で購入され、Family Libraryに加えられたコンテンツは、そのすべてが複数の「Android」デバイスで利用でき、映画、テレビ番組、書籍については、ウェブおよび「iOS」搭載デバイスでも利用できるようになる。

 同社によると、ユーザーはどのアイテムを家族間で共有するかを選択でき、子どもについては特定のコンテンツへのアクセスをブロックする選択肢も用意されるという。

 ユーザーはサインアップ時に、家族共通の支払い手段として共有するクレジットカードを1つ選ぶよう要求される。ここでも、子どもなどのアカウントについては、支払い承認を求める選択肢が用意される。

 Family Libraryは、米国時間7月27日から数日間のうちに展開される予定だ。同サービスが利用可能な国は、オーストラリア、ブラジル、カナダ、フランス、ドイツ、アイルランド、イタリア、日本、メキシコ、ニュージーランド、英国、米国の12カ国となっている。

>

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加