logo

iPhoneが360度カメラに早変わりする「Insta360 Nano」--単体でも使用可能

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 サンコーは7月26日、iPhoneに装着して使える360度カメラ「Insta360 Nano」の予約開始し、8月中旬に発売すると発表した。同社直販サイトの価格は、税込2万6800円。

「Insta360 Nano」
「Insta360 Nano」

 Insta360 Nanoは、シャッター1つで全方位を撮影できる360度カメラ(210度の超広角F2.0のデュアル魚眼レンズを採用)。Lightningコネクタを搭載しており、iPhoneに直接取り付けて使用でき、iPhoneディスプレイでモニタリングしながら、360度撮影できるのが特徴。

シャッター1つで全方位を撮影できる360度カメラ
シャッター1つで全方位を撮影できる360度カメラ

 iPhone 6/6s、iPhone 6 Plus/6s Plusの4機種に対応。Lightningで接続するためWi-Fiの設定が不要なほか、Insta360 Nano単体でも360度カメラとして使用できる。800mAhのバッテリを搭載し、動画撮影時の連続録画は約1時間。モバイルバッテリを使用した長時間駆動も可能だ。

単体でも動作し、Wi-Fi接続などは不要
単体でも動作し、Wi-Fi接続などは不要

 記録解像度は3040×1520ピクセル。撮影データは、microSDXC/SDHC/SDカードまたは、iPhone(アプリ内)に保存できる。撮影した映像は、Insta360 Nano専用のサーバにアップロードすることで、Youtube、Facebook、Twitter、LINEへの投稿が可能。

-PR-企画特集