logo
Indiegogo

ストリーミング可能な超小型360度カメラ「Nico360」--防水でアクションカメラにも

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 以前、360度全方位の写真やビデオを撮影できる、直径6cmの“目玉おやじ”に似た小型カメラ「Luna」を紹介した。これでも十分小さいものの、さらに小さな360度カメラ「Nico360」がクラウドファンディングサービス「Indiegogo」に登場した。

つまんで持てるほど小さい360度カメラ(出典:Indiegogo)
つまんで持てるほど小さい360度カメラ(出典:Indiegogo)

 Nico360は、46×46×28mmの直方体ボディの前後に魚眼レンズを搭載し、360度の全球を一度に撮影できるカメラ。小さいうえ、96gと軽く、防水性と手ぶれ補正機能を備えているので、アクションカメラとしても使える。

小さいので持ち歩きやすい(出典:Indiegogo)
小さいので持ち歩きやすい(出典:Indiegogo)
防水なので安心(出典:Indiegogo)
防水なので安心(出典:Indiegogo)

 3200万画素の画像センサを搭載しており、写真を2500万画素、ビデオを1440p/30fpsで記録できる。ビデオの音声は、ステレオマイクでとらえる。2秒から60秒間隔のタイムラプス撮影と、短時間に多数の連続写真を撮るバースト撮影もできる。無線LAN(Wi-Fi)経由で「YouTube 360 Live」「Facebook Live」などのサービスにアクセスし、360度ビデオをストリーミング配信することも可能。

 2つのレンズを通して記録した画像は、Nico360内で合成して出力する。合成方法は、画像全体を見渡せる「Flat」モード、全球ビデオでよく使われる「Sphere」モード、画像を球面に貼り付けたような「Planet」モードと、仮想現実(VR)ゴーグル用の「VR」モードが選べる。

画像はカメラ内で合成して出力(出典:Indiegogo)
画像はカメラ内で合成して出力(出典:Indiegogo)

 底面には、4分の1インチサイズのネジ穴がある。これを使って、カメラ用三脚のほか、さまざまなアクションカメラ用アダプタに取り付けられる。

三脚やさまざまなアダプタに装着可能(出典:Indiegogo)
三脚やさまざまなアダプタに装着可能(出典:Indiegogo)

 Indiegogoでの目標金額は5万ドル。記事執筆時点(日本時間7月20日12時)でキャンペーン期間は1カ月残っているが、すでに目標を大きく上回る約7万8000ドルの資金を集めている。


-PR-企画特集