日本で2016台限定、シリアルナンバー入りのオリンピックモデル「Galaxy S7 edge」

坂本純子 (編集部)2016年07月14日 11時49分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 KDDIは7月14日、「Galaxy S7 edge」の限定モデルとして、オリンピックをモチーフにした「Galaxy S7 edge Olympic Games Edition」を2016台限定で発売すると発表した。同日正午からau Online Shopにて予約を受け付ける。一括払いの端末価格は、12万2040円。

Galaxy S7 edge Olympic Games Edition
Galaxy S7 edge Olympic Games Edition

 Galaxy S7 edge Olympic Games Editionは、5月に販売を開始したGalaxy S7 edgeをベースにリオオリンピックをモチーフとしたデザインにしたもので、オリンピックの五輪の公式の5色を使用している。

 五輪の5色は、ホームとロック画面のインターフェースに加えて、メッセージやダイヤルなどにも配色されている。また、1から2016までのシリアル番号が限定モデルとして背面に印字されている。

 Samsungは、リオオリンピックの会場でGalaxy S7 edge Olympic Games Editionとコードレスなウェアラブルイヤホン「Gear IconX」を日本選手を含む出場する全選手1万2500名に提供するという。会期中の快適なコミュニケーション支援を目的としたもの。

 選手に配るものと同じ同じモデルを、日本のほか、ブラジル、米国、中国、ドイツ、韓国の6カ国で各国2016台限定で販売する。Gear IconXが同梱されるのは日本だけとなる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加