logo

楽天、初となる海の家を公開--狙いは「顧客とのタッチポイントを増やす」

山川晶之 (編集部)2016年07月13日 19時02分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
イートインコーナー。無料Wi-Fiが利用できる。
Scroll Right Scroll Left

イートインコーナー。無料Wi-Fiが利用できる。

 楽天は7月13日、同社初となる海の家「Rakuten Beach CAFE」を湘南江の島にオープンすると発表した。7月15日から8月31日までの期間限定で営業する。

7月15日にオープンする「Rakuten Beach CAFE」とスタッフ。スタッフは、「Rakuten CAFE」と同じ委託企業が運営する
7月15日にオープンする「Rakuten Beach CAFE」とスタッフ。「Rakuten CAFE」と同じ委託企業が運営する。

 Rakuten Beach CAFEは、楽天市場が取り扱う食品や家具などの商品を実際に体験できる場として設置。海の家というタッチポイントを利用して、楽天グループの特性を生かした飲食やイベント・企画を提供することで、江の島に遊びに来る若い世代やファミリー層に、楽天のサービスをアピールする狙いがある。

 イートインコーナーでは、楽天市場で人気のお取り寄せ商品をはじめとした約15種類のフードメニューを用意。「楽天レシピ」と日本気象協会がコラボした、熱中症対策のための専用メニュー「夏野菜のガパオごはん」と「はちみつレモンのしゅわしゅわドリンク」も提供する。

 そのほか、利用料1500円(楽天カードでの決済は1300円)の有料エリアを用意。ロッカールーム、シャワールームのほか、休憩スペース「シエスタエリア」が利用できる。ソファなどの家具は、楽天市場の出店者が提供したものを利用しており、シャワーヘッドにも水道水をより軟水化させる「PURE SHOWER」を設置している。

-PR-企画特集