logo

JBL、Lightningコネクタで接続する充電いらずのノイズキャンセリングイヤホン

加納恵 (編集部)2016年07月08日 07時30分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ハーマンインターナショナルは7月7日、JBLブランドから、iPhoneやiPadのLightningコネクタに直結して使うノイズキャンセリングイヤホン「REFLECT AWARE」を発表した。発売は7月16日。公式通販サイトでの税別価格は2万4880円になる。

「REFLECT AWARE」のブルー
「REFLECT AWARE」のブルー

 ノイズキャンセリング機能を搭載しながら、電源はLightningコネクタ経由でiPhoneなどから供給されるため、充電不要で使用することが可能。ノイズキャンセリングは「フィードバック方式」と「フィードフォワード方式」の両方式を併用した「ハイブリッド式ノイズキャンセリング」を採用し、消音性能と高音質を両立している。

 14.6mmの新開発ダイナミックドライバを搭載し、JBLならではの高音質サウンドを再現。ケーブルの長さは約1.2mで、4ボタンリモコンが付属する。

 周囲の音の聞こえやすさをHigh、Medium、Lowの3段階から選べる調整機能を設け、駅や電車内でアナウンスを聞き逃さない配慮もされているほか、防汗仕様のため、スポーツ時などにも使える。

  • ブラック

  • レッド

  • ティールグリーン

  • キャリングケースとイヤチップ、スタビライザーが付属する

 専用アプリ「My JBL Headphoneアプリ」を使用すれば、音質調整や電池残量の確認、ファームウェアアップデートなどの調整、設定が可能。ノイズキャンセリング機能のオンオフや周囲の音の聞こえやすさの調整などもできる。

 周波数特性は10Hz~22kHz。S、M、Lサイズのスタビライザーとイヤチップ、キャリングケースが付属する。

デジタル製品

AVの記事一覧はこちら

-PR-企画特集