世界最大の電波望遠鏡、中国で完成--地球外生命体の探索などに活用

Charlie Osborne (ZDNet.com) 翻訳校正: 佐藤卓 吉武稔夫 (ガリレオ)2016年07月05日 12時13分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 「世界最大の望遠鏡」がついに完成し、中国が宇宙人の活動を追跡する取り組みに乗り出そうとしている。

 この「500メートル球面電波望遠鏡」(FAST)の構想は、地球外生命体の探索を目指す施設の計画が始まった1994年に生まれた。規制や承認をめぐる問題が解決した後、この巨大望遠鏡は5年の歳月をかけて建設された。投じられた費用は合計で1億8000万ドルだ。

 FASTには4450枚のパネルを組み合わせて作られた巨大反射球面鏡が備えられており、この鏡の大きさはおよそサッカー場30個分に相当すると、中国国営通信社のXinhua(新華社)は報じている。

 中国南西部に位置する貴州省の平塘県に建設されたFASTは、「未知の」物体を見つけ出すために利用される予定で、われわれの住む宇宙に関する理解が深まることが期待されている。また、FASTを利用して、遠く離れた銀河での中性水素の動きを観察したり、重力波やパルサーを観測したりする活動も行われる予定だ。

 また、このプロジェクトに関わった科学者たちは、他の惑星や銀河に未知の生命体が存在する可能性を示すアミノ酸がついに見つかる可能性もあると述べている。

 中国科学院国家天文台(NAO)の副台長Zheng Xiaonian(鄭暁年)氏によれば、これから科学者らがデバッグ作業を開始し、この電波望遠鏡を使った試験的な宇宙観測を始めるという。

 Zheng氏は、この望遠鏡が今後数十年の間に宇宙探査の「世界のリーダー」になると確信している。

 最初の数年間は、FASTの建設を率いたNAOの科学者たちがこのシステムを調整し、初期段階の調査に利用する計画だ。ただし、NAOの電波天文技術研究所のPeng Bo(彭勃)所長によれば、この調整期間が終われば、世界中の科学者がこの望遠鏡を利用できるようになるという。

 「FASTが知的な地球外生命体を見つけ出す可能性は、現在の最新の施設より5倍から10倍高くなるだろう。FASTの方が、さらに遠い場所や暗い場所にある惑星を観測できるからだ」とPeng氏は語った。

 なお、FASTから半径9000km以内に住む住民は、他の無線電波がない状態を維持し、この望遠鏡の機能を最適なレベルに保つために、今の住居を離れて平塘県と羅甸県にある新しい居住地に移動させられることになる。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加