logo

パナソニック、単3でも単4でも--どちらか1本で点灯する「電池がどっちかライト」

加納恵 (編集部)2016年07月02日 10時00分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 パナソニックは7月1日、単3形または単4形の電池であれば、どちらか1本で点灯する「電池がどっちかライト」を発表した。発売は7月30日。想定税別価格は1300円前後になる。

 電池がどっちかライトは、高さ8.5cm×幅10.5cm×奥行き4.8cmで、重量約100gの懐中電灯。缶コーヒーとほぼ同サイズのコンパクトボディで、タテ置きすればランタンとしても使える。

 電池で駆動し、単3形、単4形の各サイズ1本ずつを2本同時に搭載でき、どちらか1本あれば使用することが可能。2本同時に搭載した場合の連続使用時間は約11時間になる。アルカリ乾電池、マンガン乾電池だけでなく、1.5Vリチウム乾電池、充電池も使用できる。

「電池がどっちかライト」
「電池がどっちかライト」

-PR-企画特集