logo

パイオニア、7ch同時ハイパワー出力のAVアンプ--Dolby AtmosとDTS:Xに対応

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 オンキヨー&パイオニアマーケティングジャパンは6月30日、パイオニアブランドより、「ダイレクトエナジーHDアンプ」を搭載したAVアンプ「SC-LX501」(税別価格:18万5000円)を発表した。7月中旬に発売する。

「SC-LX501」
「SC-LX501」

 SC-LX501は、上位機種「SC-LX89」にも搭載されているダイレクトエナジーHDアンプにより、7ch(560W)同時ハイパワー出力が可能。Dolby AtmosとDTS:Xに対応し、迫力の多チャンネル3次元音響で、臨場感のあるサラウンドを楽しめる。192kHz/24bitのハイレゾ音源、11.2MHzまでのDSDファイル再生にも対応している。

 付属の集音マイクで測定した周波数と音圧レベルから、リスニング環境に合わせた音場に補正する自動音場補正技術「MCACC」に加え、「Reflex Optimizer」も搭載。ドルビーイネーブルドスピーカ使用時に生じる位相ズレを補正して、ほかのスピーカと一体感のある音場を実現するという。

 主基板に384kHz/32bit DAC(AK4458)を搭載し、信号経路のノイズを低減。筐体にはファンレス構造を採用し、再生環境の静音化を実現した。さらに、信号ロスの少ない低ESRカスタムコンデンサを使用するなど、音質の向上を図った。

 Wi-Fi/Bluetoothに対応し、スマートフォンなどの対応機器の音楽をワイヤレスで再生が可能。「Google Cast」やインターネットラジオ、「AirPlay」対応に加え、FM/AMチューナも内蔵している。

デジタル製品

AVの記事一覧はこちら

-PR-企画特集