「Google マップ」に業種の翻訳機能が搭載--まずは日本から

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Google マップに業種の翻訳を追加 Google マップに業種の翻訳を追加
※クリックすると拡大画像が見られます

 グーグルは6月22日、公式ブログ「Google Japan Blog」において、地図サービス「Google マップ」に業種の翻訳機能を追加したと発表した。

 この機能により、日本の地図をGoogle マップで見ている時に、たとえば「Italian Restaurant」や「Drug Store」、「Convenience Store」といった、店の業種が表示されるようになる。同機能は、日本から提供を開始するという。

 業種の翻訳機能は、約1000以上の業種に対応しており、アラビア語、バスク語、ブルガリア語、カタロニア語、オランダ語、英語、フランス語、ガリシア語、ドイツ語、ギリシャ語、ヒンディー語、ハンガリー語、イタリア語、韓国語、ポーランド語、ポルトガル語、ロシア語、スペイン語、タイ語の19カ国語で利用可能。

 同社では、翻訳に違和感があった場合、翻訳の精度を向上させるため、「フィードバックの送信」から「マップを翻訳」を選び、より適切な翻訳を報告してほしいとアナウンスしている。

翻訳に違和感があると感じたら、「フィードバックの送信」からフィードバックを送ることができる
翻訳に違和感があると感じたら、「フィードバックの送信」からフィードバックを送ることができる
  • このエントリーをはてなブックマークに追加