logo

腕時計のような活動量計「Withings Activite Steel」--魅力は見た目と価格のバランス - (page 2)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

データは「Withings Health Mate」で管理

 測定したデータはBluetoothで専用アプリ「Withings Health Mate」と自動的に同期する。アプリでは測定したデータをグラフ化し、日々の活動を可視化してくれるほか、1週間分の活動をまとめて確認することもできる。

  • Withings Health Mate

  • 1日の歩数の詳細画面

  • 睡眠も自動的に記録される

 また、体重、ハイキングやサイクリング、ボディビルといった活動や、血圧、食事の記録機能も備えている。食事はアプリの「MyFitnessPal」と連携できるので、すでに利用されていた方は食事と活動の両方を「Withings Health Mate」内で管理できるようになる。

  • 手動でデータを追加できる

  • 水泳やウォーキング、ランニング以外の活動も記録できる

 本体に流行の心拍センサは搭載していないが、アプリ内に心拍測定機能をもっているのはユニークだ。スマートフォンのライトに指を乗せて測定するというものだが、毎日寝起きのタイミングなど、特定の時間に記録しておくと、ストレスの有無など体調の変化に気づきやすくなるかもしれない。

  • 自動ではないが、指先の血流から心拍数を測定する機能も

  • メニュー一覧

  • MyFitnessPalやRunKeeperといったアプリとも連携できる

 気になる点もある。24時間休みなく身につけていることを前提としているのか、外してしばらく置いておくと、その時間を睡眠中だと認識してしまうようなのだ。間違って記録した睡眠時間を修正できない点は少々残念だ。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]