logo

アップルのAI戦略--WWDCで見せたグーグルやアマゾンとの戦い方 - (page 2)

Larry Dignan (ZDNet.com) 翻訳校正: 川村インターナショナル2016年06月17日 07時30分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 さらに、Federighi氏によると、Appleは「Differential Privacy」という技術によって、個人を特定できないデータを利用するという。「高度なディープラーニングに関して言うと、われわれはそれを端末上で実行できるようにしている。ユーザーは自分の個人的なデータを自分で管理できる」(同氏)

 多くの点で、AppleはIBMの戦略を参考にしている。IBMは「Watson」を複数の事業の前面に押し出して、コグニティブコンピューティングを強調している。AppleのSiriもそれと同じような存在になった。

 SiriはCiscoやVonage、Skypeといったサードパーティーの通話サービスと統合するようになる。エンタープライズ分野では、AppleのVoIP APIによって、iPhoneがこれまで以上に企業と融合するようになるだろう。

メッセージの予測

 AppleのあらゆるAI技術の特徴は、同社がそれらを至る所で使うようになることだ。Appleはクラウドのことを話しているのではない。「iPhoneで顔認識を利用できるようになるが、それはすべてローカルの端末上で処理される」とFederighi氏は述べている。

 Siriを利用できる場所が増えることで、同デジタルアシスタントはより多くのことを学習できる。Siriは1週間あたり20億件以上のユーザーのリクエストに応えている。

 AppleのAIの戦略は、同社のこれまでの歴史に従うということだ。この技術を先導する役目は、GoogleとAmazonに任せておけばいい。Appleは十分な性能のものを提供すればいいだけなのである。

顔認識

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]