logo

オンキヨー、ハイレゾ再生に対応したCD、SD、USBコンポ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 オンキヨー&パイオニアマーケティングジャパンは6月15日、オンキヨーブランドより、ハイレゾ対応のCD、SD、USBレシーバシステム「X-NFR7TX」(想定税別価格:5万3000円前後)とレシーバ「NFR-9TX」(同:4万5000円前後)、2ウェイスピーカシステム「D-NFR9TX」(同:2万9000円前後)を発表した。X-NFR7TXは6月下旬、NFR-9TXとD-NFR9TXは7月下旬に発売する。

「X-NFR7TX」
「X-NFR7TX」

 X-NFR7TXとNFR-9TXのレシーバ部は、USBメモリに保存されたWAV、LACファイルの96kHz/24bitまでのハイレゾ音源の再生に対応。SDカードやUSBメモリへの録音、再生機能のほか、NFC対応のBluetooth機能を搭載し、対応機器とワイヤレス接続して、音楽やインターネットラジオを再生できる。

 PC入力端子も搭載し、別売のUSBケーブルでPCと接続すれば、PC内の音楽の再生も可能。ディスクリート構成のアンプ回路と、オンキヨーのアンプ技術「WRAT」(Wide Range Amplifier Technology)で、豊かな情報量のダイナミックな音楽再生を実現した。

 NFR-9TXはさらに、オーディオ信号経路の最短化や回路間での干渉を防ぐ設計を施し、音質面で有利な形状のアルミボリュームつまみを採用するなど、ハイレゾ音源の忠実な再現を追求した。

 X-NFR7TXとD-NFR9TXのスピーカ部には、N-OMF振動板を採用した13cmウーファユニットと、砲弾型イコライザを搭載。中高域のクリアさを増し、ヴォーカルを鮮明に再現するという。

 X-NFR7TXのキャビネットのバスレフ部には、「AERO ACOUSTIC DRIVE(エアロ・アコースティックドライブ)」を搭載し、高品位な低音の増強を実現した。D-NFR9TXには、AERO ACOUSTIC DRIVEの上位仕様となる「ADVANCED AERO ACOUSTIC DRIVE(アドバンスト・エアロ・アコースティックドライブ)」を搭載。スリット型ダクトをキャビネットと別パーツにすることで、振動干渉を低減し、豊かな低音を再現するとのことだ。

 D-NFR9TXのキャビネット表面には、天然木による突き板仕上げを採用。不要な音の回折を防ぐために、バッフル面の角にラウンドを持たせるなど、高音質再生のための設計を施した。

  • 「D-NFR9TX」

  • 「NFR-9TX」

デジタル製品

AVの記事一覧はこちら

-PR-企画特集