MS、コラボレーションアプリ「GigJam」のプレビュー版を一般提供

John Falcone (CNET News) 翻訳校正: 編集部2016年06月09日 11時30分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Microsoftのコラボレーションアプリ「GigJam」のプレビュー版が、米国時間6月7日から一般ユーザーにも提供されるようになった。これまでは招待されたユーザーしか利用できなかった。GigJamはクロスプラットフォームアプリであり、「Windows」上だけではなくAppleの「OS X」や「iOS」上でも動作する。

TechRepublic Japan関連記事

 「Microsoft Office」でもクラウドベースのドキュメント共有は以前から可能になっているが、GigJamを使用することでユーザーはドキュメントの一部だけを選んで共有できるようになる。デモ動画では、複数の段落を丸ごと削除したうえで共有し、コメントや編集をしてもらえることが示されている。MicrosoftのAmbient ComputingチームのゼネラルマネージャーVijay Mital氏は同社ブログに「パンフレットの草稿をデザイナーに見せる一方で、コピーライターにはそのテキスト部分のみを見せることが可能になる」と記している。

 プレビュー版のGigJamはMicrosoftのサイトから、そのiOS版はAppleの「iTunes Store」から無償でダウンロードできる。同アプリは2016年中にMicrosoftのオンライン生産性スイートである「Office 365」に組み込まれる予定だ。

 

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加